まとめのヘソ~芸能から面白ネタまで~

まとめのヘソは、主に2chの芸能ニュースやゴシップ
面白スレなど日々の面白いと思った事を
いろいろまとめて紹介しています。
面白いなと思ったらフォローお願いします(*^▽^*)

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 ほニーテール ★ :2018/10/19(金) 13:47:08.36 ID:CAP_USER9.net

    GACKTが19日、自身のインスタグラムに、歌手の和田アキ子に馬乗りになられている姿を投稿。ファンからは「怖いようで、とても楽しそうな写真にほっこりしました」といった声が届いている。

     GACKTが「アッコさんのフェスに出なきゃならない。なんとか逃げ出そうと試みる。。。が、無残にもアッコさんに捕まってしまう。やっぱ芸能界って怖い。。。」と冗談めかして投稿しているのは、うつ伏せのGACKTに和田が上からのしかかっている構図の写真。
    それは、まるで逃げようとしたGACKTを“芸能界のゴッド姉ちゃん”こと和田が後ろから捕まえ、押し倒したかのようだ。

     「アッコさんのフェス」とは、17日と18日に開催された和田のデビュー50周年を記念してのイベント「『WADA fes』~断れなかった仲間達~」のこととみられ、GACKTは18日に出演している。GACKTの投稿には「#逃亡失敗」とあるが、その下に「#ヤルからにはキッチリ感動させますよ」とも添えられ、大先輩主催のフェスへの本気度が伺える。

     ファンからはおちゃめな2人の写真に、「仲が良くて羨ましいです」「アッコさんに捕まっちゃったのね」「いい写真」「大笑いしました」といった声が集まっている。

    引用:https://www.instagram.com/ga*t/

    (出典 i.imgur.com)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00059777-crankinn-ent


    【★2chまとめ★【芸能】 逃亡失敗? GACKTが和田アキ子に“捕獲”されるレアな姿にファン大ウケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/19(金) 14:29:26.92 ID:CAP_USER9.net

     所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、
    再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。

     レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、
    本人との面会に至った」という。

     のんは2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。「月給は5万円でパンツも買えなかった」
    などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。

     そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。レプロは
    「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」とコメントし、
    面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。

     また、同誌で「和解」と報じられていることにも
    「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、のんが出演するために
    事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。

     一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」
    (関係者)との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか。今後の動向に注目だ。

     ▼のんの独立騒動 15年1月に個人事務所を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を
    慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に
    改めて活動を開始していた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000110-spnannex-ent


    【★2chまとめ★【芸能】のん 独立2年で元所属先に和解申し入れ なぜ突然翻意?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/18(木) 19:36:20.70 ID:CAP_USER9.net

    「私の目も鼻も整形ではありません」――。タレントの神田うのさん(43)が、一部ネットユーザーから寄せられた「整形疑惑」に、インスタグラムで猛反論した。

    騒動の発端となったのは、フィットネストレーナーの女性が、神田さんとのツーショットをインスタ上で公開したこと。この投稿のコメント欄に、神田さんの整形を疑うような書き込みが出ていた。

    ■「整形ではなくいわゆる若返り」

    女性トレーナーの投稿は2018年9月26日付けのもの。「神田うのさん。初参戦!!」とのコメントを添えて、ジャージ姿の神田さんとのツーショット自撮り写真をアップしていた。

    この写真について、一部から「神田うのさん顔凄い変わった?これはやりましたね」「うの、目のところおかしいね?」「うのさん、なんか顔つき変わった?触った!?」などと憶測するコメントが寄せられたのだ。

    どうやら、神田さん本人もこうした反応を目にしたようで、この投稿のコメント欄に反論文を投じたのだ。1500字を超える長文のコメントで、末尾には「神田うの」の署名も付いている。

    このコメントで神田さんはまず、「フォロワーの皆さんからのコメントにビックリしています」と切り出し、

    「私の目が変だの魔女みたいだのと整形疑惑ではなく、整形している事になっている事に。どうやらネットでも色々言われていようですが、この場を借りて言わせて頂きますね。私の目も鼻も整形ではありません」(原文ママ)
    ときっぱり否定。さらに、「私がやっていますのはヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射です」として、

    「40歳を過ぎた周りの友人達は皆さんエチケットとしてやっていますね。私もある時ヘアメイクさんに行くよう勧められてからやっていますよ。これは整形ではなくいわゆる若返りですかね」
    と説明。「自分ではちょっと昔の顔に近づいたかなとか思っているのですが(笑)」ともつづっていた。

    ■「顔面崩壊」の中傷にも...

    そのほかにも神田さんは、ネットユーザーらのコメントに丁寧に反論。例えば、「目が変とかいうコメントがありましたが、もし変だと思われたのならそれは生まれつきなので仕方ありませんね」などだ。

    さらに、自身の容姿を中傷するようなユーザーに対しても、神田さんは、

    「どうやらネット上では顔面崩壊みたいな意地悪を書かれているようですが、私にはその心配がありません。目も鼻も縫ったり切ったりとした事がないからです。ヒアルロン酸やベビーコラーゲンは自然に吸収されていきます」
    と反論。続けて、「ですから崩壊するご心配をして頂かなくても大丈夫ですよ(笑)後は年齢と共に老化していくのみです(笑)」として、

    「うの、老けたねと言うコメントはおっしゃる通りです。自分でも時々朝鏡を見てそう思いますから(中略)老け込んだ汚いお顔は失礼になりますので、今後も40歳過ぎてからのエチケットであるヒアルロン酸とベビーコラーゲンと上手に付き合いながら歳を重ねていきますので、どうぞ宜しくお願い致します」
    と訴えていた。

    なお、神田さんはこうした長文コメントの終わりで、ネットユーザーらに対して「皆様勝手な憶測や思い込みで、ビックリするような意地悪書かないで下さいね(笑)」とも呼びかけている。

    神田さんの反論を受けて、女性トレーナーのコメント欄には「うのさん、素敵です」「アンチはほっとけばいいと思います」との声が。ただ一方で、「長くて言い訳がましいです」とどこか冷めたような反応も出ている。

    https://www.j-cast.com/2018/10/18341531.html

    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 www-nikkansports-com.cdn.ampproject.org)


    【★2chまとめ★【芸能】神田うの、「整形疑惑」に反論1500字 「私がやっていますのは...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/20(土) 14:42:57.50 ID:CAP_USER9.net

     熱愛中の元AKB48小嶋陽菜(30)とDMMグループ子会社「ピックアップ」社長・宮本拓氏(26)の年内結婚説が浮上している。小嶋はこのところ芸能界の仕事をセーブし、プロデュース業へ本腰を入れるプランも練っているという。さらに、結婚後は趣味の競馬で個人馬主デビュー計画まで描いている。人妻・こじはるがダービーを制する日が来る!?

     5月末に「週刊新潮」で報じられた小嶋と宮本氏の熱愛。6月には「フライデー」が2人のデート現場を激写。最近も再び「フライデー」が、麻布十番の商店街で2人が堂々とデートする様子を報じている。

    「小嶋の所属事務所も『プライベートは本人に任せている』と暗に交際は認めている。熱愛がスクープされた時には、慣れてない宮本氏が動揺しまくって、周囲が『ノイローゼになるのでは?』と心配するほどでしたが、年上の小嶋が『私がいるから大丈夫!』とフォロー。意外としっかり者だとわかった小嶋を宮本氏も信頼し、メロメロですよ」(ファッション関係者)

     小嶋は6月に自身がプロデュースしたファッションブランド「Her lip to」を立ち上げたばかり。現在の仕事はモデル活動などファッション関連がメインで、女優やタレント活動にはそれほど積極的ではないという。

     さらに、小嶋が崇拝する有名女性ファッション誌出身の女性コーディネーターMさんも、小嶋の実業家転身には太鼓判を押しているという。

    「Mさんは小嶋のAKB在籍時から、ファッション業界に進出するきっかけになった人物。いわば恩人で、小嶋が大きな決断をする時は必ず、ハワイで敏腕コーディネーターを務めるMさんの元を訪れて、すべて相談しているほどです。そのMさんも小嶋の裏方的な才能を絶賛しており、宮本氏との交際も賛成しているとか」(前同)

     そんな小嶋は先日、AKB初の派生ユニットで高橋みなみ(27)、峯岸みなみ(25)との3人組ユニット「ノースリー*」として、デビュー10周年の記念日である11月26日に一夜限りの10周年ライブイベントを行うことが話題になっている。

     芸能プロ関係者によれば「ユニットのイベントは実に5年半ぶり。AKBといえば、サプライズ発表があることで知られていますが、小嶋が『結婚しま~す!』と電撃発表するとの情報も駆け巡っている」という。

     現在、宮本氏が住む都内の家賃180万円の超高級マンションで半同棲中ともいわれる小嶋。2人が結婚となれば、小嶋は見事に玉の輿にも乗ることになるが、人妻となった後にも、実現させたい大きな夢を描いているという。

    「小嶋はAKB時代から競馬好きとして知られ、今も関連番組にレギュラー出演している。裏方業に本腰を入れても、競馬には関わっていたい意向があるようです。『馬主になって、日本ダービーを勝ちた~い!』とか(笑い)。宮本氏と結婚すれば、馬主の資格を取って、高額馬を手に入れることもできるでしょうからね」(前同)

     近い将来、ドヤ顔で競馬場にいる馬主・小嶋の姿を拝めるかもしれない。

    2018年10月20日 11時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1161481/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【★2chまとめ★【芸能】こじはる年内結婚そして馬主デビューも? 11・26電撃発表か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/16(火) 07:21:02.65 ID:CAP_USER9.net

     大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家・野木亜紀子と新垣結衣のタッグ再び。鳴り物入りで始まった日テレ系のドラマ「獣になれない私たち」である。

    「逃げ恥」に続き、ガッキーは今作でも「仕事ができる頑張り屋の女子」だ。でも彼女の役柄が、他の女優がやる「デキる女」と唯一違う点は「デキる女なのに控えめ」というところではないか。米倉涼子の「ドクターX」しかり、仕事のできる女の役はたいがい気が強い。しかしガッキーの役柄は逆に、優秀がゆえに忖度しすぎていたり、自信がなかったり、その気づかいも空回りしてため息をついていたりする。その、能ある鷹は爪を隠そうと頑張っているようないじらしさがたまらない。というファンも多いだろう。さらに「人のために無理してでも頑張る、だけど報われない」という主人公の境遇には、自分を重ねて見る人も多いのではないか。ヒットの予感は十分だ。

     ガッキー演じる深海晶は、社長や同僚、煮え切らない彼氏やその母親に振り回されながらも、作り笑顔を絶やさない。本音を言えず、溜まっていくストレスを発散するはずの行きつけのビアバーでさえ。そんな仮面をかぶった姿に対し追い打ちをかけるように、気持ち悪い、と切り捨てる松田龍平。ガッキーの十八番、「デキる女なのに報われない、健気なガッキー」だらけであった。もう1話目からガッキー無双に死角なしである。

     でも彼女の人気を支えているのは役柄や時代性だけではないと思う。正確に言うと、おそらく役柄と彼女本人の人物像を重ねて見る人間が多いからだろう。いい子なんだけど、いい子すぎて報われない女子、でもそこがいい。10代の頃の「ドラゴン桜」などではギャルの役もやっていたが、大人になってからの役柄は「いい子、優秀な子」の幅の中にあるように思える。スキャンダルもあまり出たことがないし、本人もSNSをやっていないため、彼女本人のリアルな様子がよくわからない。視聴者はガッキーの人となりを、ドラマからなんとなく推しはかるしかないのである。

     変な例えだが、沢尻エリカは清純な役をやりながらも、あの「別に」事件で総スカンを食らった。でももし、ガッキーがこの先何かの舞台挨拶で、ふてくされて「別に」と言ったとしても許されてしまいそうな空気さえある。むしろ「あのガッキーが言うって相当だぞ、人気だからって事務所が仕事詰め込みすぎんだよ」と事務所にクレームが行きそうなくらいに思えるほどだ。

    ■綾瀬はるかの成功に見る、ガッキー無双のその先は

     人間は「ギャップ」が好きである。雨の中で子猫を拾う不良少年。喪服で淫らに乱れる人妻。ガッキーが「デキる女なのに控えめ」で受けたのも、「デキる女は生意気」という世のイメージがあってこそのギャップだろう。そして、このギャップ理論によるもう一人の成功例が綾瀬はるかではないだろうか。

    「清純派」と呼ばれ続ける綾瀬はるかの息が長いのは、30歳になる手前あたりから少し役柄に幅が出てきたことが大きい。たとえば最近では「精霊の守り人」や「奥様は、取り扱い注意」、そして今夏ドラマでも好評だった「義母と娘のブルース」。女優によっては年を重ね、裸を伴う濃厚なラブシーンを選んでステップアップを図るタイプもいる。でもあえてその道は選ばず、「清純でかわいい顔なのに、アクションもできる意外さ」「天然ぽいのにコメディもやれる器用さ」、というギャップを見せた戦略が、さらに綾瀬の人気を底上げしているのではないか。

     欲を言えば、ガッキーも同じように「いい子で完璧なんだけど報われない」役からの脱皮を見てみたい。もちろん、「リーガルハイ」などのコメディエンヌぶりは素晴らしいが、あともう少しだけ、「獣」感を見せてはくれまいか。余談だが、綾瀬や石原さとみ、長澤まさみらと比べると、主演級であだ名が定着している女優というのも珍しい。それだけお茶の間に愛されているという証でもあるが、ガッキーがガッキーと気安く呼ばれなくなった時に、新垣結衣の進化は始まるのかもしれない。

     1話のラストで、それまでのOL風ファッションから一転、ブーツにレザージャケットにサングラスというモードなファッションに武装し、「獣」の片鱗を見せたガッキー。この先ドラマで、彼女が本当に「獣になる」瞬間は来るのだろうか。それともやっぱり、「獣になれない」自分を受け入れていくのか。

     とにもかくにも、吠えようが牙をむこうが、現時点ではどうにも「獣になりきれない」かわいい姿に、ガッキー無双は長期化しそうだな、と予想している。

    (冨士海ネコ)

    10/16(火) 6:40配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00550131-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【★2chまとめ★【芸能】新垣結衣「獣になる」? 新ドラマに見る“ガッキー無双”のその先は…】の続きを読む

    このページのトップヘ